Bフレッツ よくある質問

Bフレッツに関するよくある質問

よくある質問の答え

Bフレッツとはどのようなサービスですか?

Bフレッツは自宅に直接引き込んだ加入者光ファイバをアクセスラインとするインターネット通信料完全定額制サービスです。
※加入者光ファイバ…NTT東日本から各戸へ設置される回線終端装置までを結ぶ光ファイバのことです。

 

フレッツISDNやフレッツADSLとの違いは何ですか?

フレッツISDN・フレッツADSL・Bフレッツ共にNTT東日本のフレッツ網を中継し、インターネットへの定額接続を可能とするサービスですが、フレッツISDNはISDN回線、フレッツADSLはアナログ回線、Bフレッツは光ファイバーを利用しています。 ※フレッツ網…NTT東日本が提供しているデータ通信用のネットワークのことです。

 

PPPoEクライアントソフトウェアとは何ですか?

Bフレッツに接続するために、パソコン等の端末機器にインストールするソフトウェアです。「Bフレッツ超カンタン設定ガイド」の付属CD-ROM内に収録されています。

 

Bフレッツは「最大100Mbps」と謳っていますが、常にその速度で通信できるのですか?

Bフレッツはベストエフォート型のサービスであり、最大速度を常に保証するものではありません。
※ベストエフォート型…サービスの品質に保証がないインターネット接続サービスを意味します。

 

1契約で使用できる端末台数に制限はありますか?

ビジネスタイプで50台以下、ベーシックタイプで10台以下、ハイパーファミリータイプ・マンションタイプで5台以下の台数制限が設けられています。

 

プライベートIPアドレスは使えますか?

使用できるのはグローバルIPアドレスのみです。 ※プライベートIPアドレス…企業内のネットワーク上に接続されたパソコン等、直接インターネットに接続しないパソコンに割り当てられたIPアドレスのことです。 ※グローバルIPアドレス…インターネットに接続するパソコンに割り当てられたIPアドレスのことで、インターネット通信を行なうためには必ず必要なものとなります。

 

最低利用期間とは何ですか?

フレッツ光における初期工事費無料または、割引・月額無料キャンペーン等に設けられている適用条件で、最低利用期間必ず使用すると言う条件でサービスを受けることになりますので、最低利用期間内に解約した場合違約金が発生します。

 

最低利用期間内に移転やタイプを変更する場合、違約金は発生しますか?

引越し先でもフレッツ光を継続して使用する場合は違約金は発生しません。また、フレッツ光の各サービスタイプ内においてタイプ変更する場合も、フレッツ光を継続して使用すると言うことになりますので、違約金は発生しません。(但しタイプ変更工事費が掛かります。)

 

マンションやオフィスビルでもビジネスタイプ、ベーシックタイプ、ハイパーファミリータイプを利用することは出来ますか?

申し込むことは可能ですが、工事に際し自ら管理組合やオーナー等に依頼する必要があり、場合によってはサービスの提供を受けることができない場合もありますので、建物に適したプランを選ぶことをオススメします。

 

契約料や工事費はいくら掛かりますか?

契約料は1契約につき840円、工事費はキャンペーン適用価格で2100円となっています。 ※工事の内容によっては別途工事費が発生する場合もあります。 ※過去にNTT東日本の無料または割引キャンペーンの適用を受けた方は、キャンペーンの対象外となる場合があります。

 

料金計算期間について教えて下さい。

料金計算期間は毎月1日~末日となっています。月の途中から利用を開始したあるいは利用を解除した場合は、利用した期間を日割りで算出されます。

 

料金の支払い方法を教えて下さい。

請求書による支払い、口座振替による支払い、クレジットカードによる支払いが選べます

 

土日や祝日にも工事をお願いできますか?

土日や祝日にも工事は可能です。但し、平日に工事を依頼すると、フレッツ光メンバーズクラブポイントが500ポイントプレゼントされますので、よりお得に工事をしたいと考えている方は平日の工事をオススメします。

 

Bフレッツから光ネクストへ変更する場合工事費はかかりますか?

工事費は掛かります。

 

〔戸建て〕Bフレッツ ファミリータイプからフレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプへ変更する場合工事費として11340円掛かります。

 

〔マンション〕Bフレッツ マンションタイプ(光配線方式)からフレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプへ変更する場合工事費として21420円掛かります。

 

工事をする際家屋に穴を開けたりするのですか?

光回線を屋内に引き込む方法として、通常は既存の電話用配管等、共用可能な配管を利用するのですが、既存配管の利用が難しい場合はエアコンダクトや壁に穴を開けて引き込む場合があります。(戸建て)

 

Bフレッツを利用するにあたり必要な機器を教えて下さい

100Mbpsの通信速度に対応した環境(対応LANケーブル、パソコンやルーターなどの端末機器)が必要となります。

 

契約するインターネットサービスプロバイダはどこでもいいのですか?

Bフレッツの各タイプ(ハイパーファミリータイプ/マンションタイプ等)に対応したプロバイダと契約する必要があります。

フレッツ光のNTT公式サイトで詳細チェック!!

Bフレッツの上位サービスであるフレッツ光ネクストの申し込みができる方はそちらのほうがオススメ!料金据え置きで、最大100Mだった通信速度がなんと倍の200Mに!!


HOME お申し込みの手順 人気ランキング キャンペーン情報 ファミリータイプ料金 マンションタイプ料金