Bフレッツ ファミリータイプ

Bフレッツの戸建て向け料金をもっと詳しく

【初期費用】

 

契約料:840円(1契約ごとに料金が発生します。)初期工事費:2100円(キャンペーン適用価格です。)

 

初期費用合計:2940円

 

※FLETS光メンバーズクラブに新規入会した場合、1ポイント1円相当のポイントが2100円プレゼントされますので、初期工事費が実質無料となります。

 

【月額利用料】

 

Bフレッツ月額利用料:5460円(回線終端装置利用料945円含みます。)プロバイダサービス利用料:525円~(利用するプロバイダによって料金は異なります。)ルーターなどの機器利用料:0円

 

月額利用料合計:5985円~

 

※複数台のパソコンをインターネットに接続したい場合やひかり電話、IP電話を利用する場合、ルーターが必要になります。

 

光ポータブル(情報機器)…レンタル料金:315円IP電話ルーター…レンタル料金:399円/機器工事費:4620円IP電話ルーター無線LANセット…レンタル料金:1029円/機器工事費:10710円ひかり電話ルーター…レンタル料金:0円/機器工事費:0円ひかり電話ルーター(標準タイプ)+無線LANカード…レンタル料金:315円/機器工事費:0円

 

※自分で機器の設置・設定を行なう場合は機器工事費はかかりません。 ※ひかり電話ルーター・ひかり電話ルーター(標準タイプ)+無線LANカードの機器工事費無料は期間限定キャンペーンです。

 


Bフレッツ戸建てタイプ

戸建て及び3戸以下の建物の場合、Bフレッツ ハイパーファミリータイプをオススメします。

 

Bフレッツ ハイパーファミリータイプは、最大1Gbpsのアクセス区間を複数の利用者で共同利用するサービスです。

 

下り回線(データ受信):最大100Mbps
上り回線(データ送信):最大100Mbps
基本セッション数:2
接続可能端末台数:5台

 

※最大100Mbpsとは技術規格上の最大値で実使用速度とはことなります。

 

※セッションとはEthernet上に張ることの出来るPPPoEセッションのことで、フレッツ光において、プロバイダ等相手先に接続した状態のことを意味します。

 

【ちょっと難しい用語説明】

 

PPPoEとはPPP over Ethernetの略で、Ethernetの回線上でPPPと呼ばれるプロトコルを使って通信するための技法のことです。

 

※PPPはPoint to Point Protocolの略で、汎用プロトコルの一種で、Ethernetとはコンピューターネットワークの規格の一種となります。

 

※プロトコルとはコンピューターネットワークを介し、コンピュータ同士が通信を行なう上で相互に定められた通信規約のことで、Ethernetは、家庭でも使用されているLAN(Local Area Network)等でも使われている技術規格です。

 

【初期費用】

 

契約料:840円(1契約ごとに料金が発生します。)
初期工事費:2100円(キャンペーン適用価格です。)

 

初期費用合計:2940円

 

※FLETS光メンバーズクラブに新規入会した場合、1ポイント1円相当のポイントが2100円プレゼントされますので、初期工事費が実質無料となります。

 

【月額利用料】

 

Bフレッツ月額利用料:5460円(回線終端装置利用料945円含みます。)
プロバイダサービス利用料:525円~(利用するプロバイダによって料金は異なります。)ルーターなどの機器利用料:0円

 

月額利用料合計:5985円~

 

※複数台のパソコンをインターネットに接続したい場合やひかり電話、IP電話を利用する場合、ルーターが必要になります。


フレッツ光のNTT公式サイトで詳細チェック!!

Bフレッツの上位サービスであるフレッツ光ネクストの申し込みができる方はそちらのほうがオススメ!料金据え置きで、最大100Mだった通信速度がなんと倍の200Mに!!


HOME お申し込みの手順 人気ランキング キャンペーン情報 ファミリータイプ料金 マンションタイプ料金