Bフレッツ 光回線

他のサービスと比較して

光ファイバーを用いたインターネット接続サービスというと、NTT東日本・西日本が提供するフレッツが最も有名ですが、auやUSEN等でもインターネット接続サービスが提供されていますので、それぞれの特徴をご紹介します。

auひかり

auひかり(旧ひかりone)は、インターネット、電話、TVサービス等を快適に楽しむことが出来るKDDI/auの光ファイバーサービスです。

 

auひかりは、通信関連の情報を提供する国内最大級のニュースサイト「RBB TODAY」が主催する、「ブロードバンドアワード2010」で、スピード部門、回線種別部門(FTTH1Gbps)、モバイルサービス部門(au)、ベストキャリア部門北海道、サポート部門北海道の5部門で第1位を獲得したことからもお分かり頂けるように、スピードだけではなく総合力でも高い評価を得ました。

 

また、ケータイがauの場合、「auおうち電話」からauケータイへの通話が24時間無料になる他、「au→自宅割り」でauケータイから自宅への通話が無料になる、auケータイとauひかりをまとめて請求することが出来る等、auユーザーにはかなりお得なサービス内容となっています。

 

月額利用料はフレッツとあまり変らず、1Gbpsという回線速度の速さや、auケータイへの特典を考えるととてもお得に感じるかもしれませんが、月額利用料が安価になるギガ得プランは2年間契約になっている他、auひかりでは地デジ対応テレビ、もしくは地デジ対応チューナーの他にUHFアンテナを設置しないと地上波を受信出来ない等といったデメリットもあります。

 

また、フレッツには様々なオプション・コンテンツサービスが充実しているのに対し、auひかりではそのようなサービスはまだ不足しているのは否めません。


地域密着型の光ファイバー

九州地方限定のBBIQ
奈良限定のKCN
中国地方限定のMEGA EGG
四国地方限定のPikara
静岡限定のTNC
東海地方限定のコミュファ光
近畿地方限定のeo光

 

などがあります。
会社によって、料金が安いプランがあったり逆に高くついてしまったりすることもあったりと一長一短です。

フレッツ光のNTT公式サイトで詳細チェック!!

Bフレッツの上位サービスであるフレッツ光ネクストの申し込みができる方はそちらのほうがオススメ!料金据え置きで、最大100Mだった通信速度がなんと倍の200Mに!!

他のサービスと比較する関連ページ

BフレッツとADSLの料金比較
BフレッツのほうがADSLより優れた回線を持っているのは、すぐにわかると思いますがでは料金で見るとどれぐらい違いがあるのか見てみましょう。

HOME お申し込みの手順 人気ランキング キャンペーン情報 ファミリータイプ料金 マンションタイプ料金